虎印 黒船ノート20XX

「黒船ノート」は
1980年の17歳にとってのブログでした。
21世紀の40代も書いてみよう♪






東京で震度5
こういうことは是非書き留めておかなくてはいけない。
東京で震度5(場所によっては震度4?)の地震が発生したのだ。

東京近郊のJR、地下鉄、私鉄もわりと長い時間すべて止まり、
改めて都市の脆弱さが露呈した。

…なーんてエラソウに書いては見たが、
実は、地震があったことを知らなかった…冷や汗
続きを読む >>
書いた人 SUE | 今日のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |



圧覚の障害
右手の感覚もテストしたが、やはりあまり思わしくない。
尖った物(専用の器具がある)で指をつつく。1本で突いたか2本で突いたか?――これがわからない。2本の幅を広げてもわかりにくい。
いまだに5円玉、50円玉の穴がわからないことをOTに伝えておいた。

映画『ゴースト』で、ゴーストになった主人公が「物体を動かしたい」と思うシーンがある(あったはず(^_^;))。
ゴーストになると、物体は通り抜けてしまう。気合を入れて神経を集中させないと、ビンの栓1つ手に取れないのだ。
私の感覚障害は、それにちょっと似ていると思う。
感覚障害の中でも、圧覚障害とでも言うのだろうか。
モノをつかむ時に、どんな圧をかければいいのかわからない…って、普通はそんなことを考えてモノをつかむことは少ないだろう。
例えば喫茶店で水の入ったコップが出される。その重量感は過去の経験から無意識の内に瞬時に判断され、初めて持つコップでもたいてい滑ったりせずになんなく持てる。普通は。

しかし私はどんな力でそれを持ったらいいか「その重量感は過去の経験から無意識の内に瞬時に判断」できても、それを指先に伝えにくいのである。
よって喫茶店で水の入ったコップが出されたら、左手であるいは両手で持つ。
また、定規にカッターの刃を当てて紙を切る時。復職直後は(今も少し)、右手でカッターをギューッと力を入れ過ぎて持ったまま引くので、左手を添えた定規が動いて難儀した。

コップや定規は今も感覚自体はわかりにくいのだが、自分が日頃使っているマグカップなどは、だいたい慣れで扱えるようになってきた。
慣れなければいけないことは、いろいろある。
書いた人 SUE | 病院・治療・リハビリ | comments(2) | trackbacks(0) |



リハビリ再スタート
先週、T大病院リハビリ科の診察を受けた。
医師によるとT大病院リハビリ科が「急性期の患者に特化している」ということはなく、現状では入院患者=急性期・回復期の患者だけでほぼ手一杯の状態であるだけ、とのことだ。
が、私の通院曜日の希望もかない、週1回通院することになった。

そして今日が第1回の訓練(?)日。

リハビリ科の診察というのは、M病院でも同様だったが、まずリハビリ科の医師との面接がある。
医師が患者のその日の状態を毎回確認し、それから療法士に引き渡すのだ。

医師にはなかなか印象深いことを言われた。

左を100として、悪くなった右を100に近づけようとすると、無理が生じて疲労などの問題が起こる。
それよりも、右が90になってしまったのなら、左を90に落とす生活も考えていく必要がある、ということ。
そこで、自分は部分的に10年ぐらい先に老化してしまったと考えてみる。いずれは誰でも年をとり、身体の動きが鈍くなるものなのだが、健康な人がとつぜんガクッと老化を感じるよりもよろしいのではないか。

なるほど。説得力がある。
続きを読む >>
書いた人 SUE | 病院・治療・リハビリ | comments(2) | trackbacks(0) |



はちのすけ一周忌
はちのすけ
今日は愛猫はちのすけの一周忌。
1年なんて早いものだ。

ハンサムで賢い男は、優しくない。
賢くて優しい男は、ハンサムでない。
優しくてハンサムな男は、賢くない。
ハンサムで賢くて優しい男なんて、お目にかかったことがない。
しかしその3点を兼ね備えているのが、はちのすけだった。

目が見えているのかどうか…という赤ちゃん猫が
渋谷センター街で、道行く人に踏まれそうになっていた
時に、弟に出会った。
命名の由来はもちろん忠犬ハチ犬との渋谷つながりだ。

当初、弟の部屋で飼われていた彼は、
弟が一人暮らしをするにあたって、わが家の猫となった。
そんなわけでしばらくは人見知りが激しかったが、
いつのまにか私の無二の大親友となった。

彼の思い出の中で忘れられないことの1つが、
父の死に際し、彼が涙を流したことだ。
続きを読む >>
書いた人 SUE | | comments(5) | trackbacks(0) |



転院のこと
T大学病院の脳神経外科に行ってきた。
結論はまだ出ていないものの、慢性期のリハビリ診療をする病院って、思ったより無いようである。

脳神経外科的にはもう抗けいれん薬の服用だけで、さらなる治療は必要ないとのことだ。
薬はあと1年半ぐらいは服用しないといけないらしい。手術後2年は、服用することで抗けいれんのメリットが高くなるそうだ。しかし2年以上経つと、服用しないことが副作用のリスク解消になるという。
こんな話はM病院では聞けなかった。聞かなかったからだろうか。

しかしT大病院のリハビリ科は急性期の患者に特化しており、私のような慢性期の患者は「困ったなぁ」ってカンジのようだ。ムゲにも出来ないのは、M病院の脳神経外科だけでなくリハビリ科の紹介状も提出したせいかもしれない。

とりあえず脳神経外科からの患者ということで、医師がリハビリ科への手続きを行なった。
これでリハビリ科からの連絡待ちとなり、T大病院でリハとなれば投薬処方も“しょうがないから”同脳神経外科で行ない、他の病院のリハを紹介されれば薬もそちらの病院で、ということになった。
(翌日電話があり、とりあえずリハ科の初診に来るようにとのことだった。)

“しょうがないから”とは、医師がリハビリ科医との内線電話で言ってしまったのである。まぁ、投薬だけとは医師にとっては手間ばかりの仕事であろうから、本音が出たのだ。
自宅から一番近い脳神経外科&リハビリ科なんだから“しょうがない”とはこっちが言いたいくらいだ。

しかしこの医師に話を聞けて、有意義だった。
M病院の主治医は患者に「いろいろ聞いてみよう。話してみよう」という雰囲気に欠けるところがあった。
続きを読む >>
書いた人 SUE | 病院・治療・リハビリ | comments(4) | trackbacks(0) |



「いっそのこと松葉杖にしたらどうですか?(笑)」
最初、私の体調をお気遣いいただいての話だった。

簡単に現況を話すと「まだ杖ついてるんですか?」と聞かれた。
まだ階段を下りる時などは杖無しだと大変コワイ…
…みたいな話をしたと思う。

そして次に言われたことが、タイトルの言葉だ。

まぁ、冗談のつもりだろう。
こういうことにも慣れなければいけない。
続きを読む >>
書いた人 SUE | 四十路のぼやき | comments(4) | trackbacks(0) |



人寄せ…
長嶋観戦のドーム駐車場入り口
今日はドームの駐車場入口付近に、報道陣やファンがズラリ。
長嶋茂雄終身名誉監督が脳梗塞発症後、初観戦するからなんですね。
「未だに長嶋頼みかよ…!?」と、本人や家族に気の毒な気も(-_-;)
観戦中に笑顔の映像が流れてたので、それはそれでよかったのでししょうけど。

スポーツ新聞では全国脳卒中者友の会連合会会長の発言として
「通常、脳卒中のリハビリは4、5ヵ月で終わり、それ以上は運動機能は回復しないといわれている。だから他の患者の励みになるというわけでもない」
なんて“複雑な心の内を語った”そうだ。
運動機能の回復を目指して、リハビリを半年以上続けている脳卒中患者がここにもいるんですけどね…(-_-;)
この会長にこんな発言させて、それがメディアに載る…
他の患者の励みもへったくれも無いもんだ(-_-;)

そして、試合は広島の勝利。

そうそう、今日は都議選なので開票速報も画面の端でやるのに、なんで今日にしたの…と思っていたら、都議選なんて一地方の開票速報を全国ネットでやるわけないのでした(^_^;)

とにかくお大事にしてください。長嶋さん。
私はアンチ巨人ですが、脳卒中にみまわれた同じ患者ですもの。
書いた人 SUE | 病院・治療・リハビリ | comments(2) | trackbacks(0) |



気舛磴鷏觝Г披露目会
Iちゃんは20年ぐらい前からの飲み仲間である。
溜まり場だった店が閉店してからは年賀状だけのつきあいになってしまったが、糖尿病になり目をやられたこと、手術が失敗してしまったことなどは風のウワサに聞いており、年賀状にも鍼灸の勉強を始めたことや国家試験を受けることが記してあった。

そのIちゃんが結婚したという。
そこで溜まり場だった当時の店のマスターが企画し、店の同窓会を兼ねた宴会が行なわれた。
会場も、当時の仲間が経営する日本料理店だ。
続きを読む >>
書いた人 SUE | 今日のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2005 >>



覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)
覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

読みました!
ありがとう!ありがとう!
阪神に来てくれて
ありがとう!アニキ!
(T-T)←ウレシ泣き


シリウスの道
シリウスの道

『テロリストのパラソル』で
藤原伊織にハマり
次に読んだのがこれ。
超オモシロ〜イ!!!
そしてますますハマってます♪


Hadou(初回限定盤)(DVD付)
Hadou(初回限定盤)(DVD付)

♪キミという人だけがぁ 絶対〜♪
…たまらんっ!♪\(>∀<)/♪